喉の痛みや発熱に有効なカロナールとは? 船橋市の内科、つばさ在宅クリニック西船橋

内科・循環器内科・呼吸器内科・訪問診療(在宅医療)つばさ在宅クリニック西船橋

外来専用電話047-468-8111

訪問診療専用電話047-495-0111

  • 西船橋駅3地図
  • 駐車場5

住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟

喉の痛みや発熱に有効なカロナールとは? medical column

  • TOP
  • 喉の痛みや発熱に有効なカロナールとは?

喉の痛みや発熱に有効なカロナールとは?

頭痛や発熱などに効果を発揮する薬はさまざま存在しますが、中でもカロナールが一般の方にも広く知られています。そこで今回は、船橋市にあるつばさ在宅クリニック西船橋(内科)より、解熱鎮痛薬やカロナールについてお届けしていきます。

喉の痛みや発熱に有効なカロナールとは?

解熱鎮痛薬とは?

解熱鎮痛薬とは、文字通り熱を下げる作用(解熱)と痛みを抑える作用(鎮痛)がある薬のことをいいます。ですので、解熱鎮痛薬は熱が出たときや痛みが出たときに処方される薬となっています。

病院で処方されることのある解熱鎮痛薬について

病院で処方されることのある解熱鎮痛薬として有名なものとしては、カロナール(アセトアミノフェン)やロキソニン(ロキソプロフェンナトリウム水和物)、バファリン(アスピリン)が挙げられます。それぞれの医薬品については耳にされたことがあるかと思いますが、カロナールとアセトアミノフェンは何が違うのだろうと思うかもしれませんね。

カロナールという名称は商品名(総称名)であり、アセトアミノフェンは主成分となっています。同様に、ロキソニンは商品名でありロキソプロフェンナトリウム水和物が主成分となっています。

カロナールについて

カロナールには、カロナール錠200-300-500や、カロナールシロップ2%、カロナール細粒20%-50%といった医療用医薬品があります。新型コロナワクチンの接種後に起こる発熱において、カロナールが服用されることがありますが、カロナールは有効成分としてアセトアミノフェンのみ配合されています。※解熱鎮痛薬の中には、無水カフェインなどの他の有効成分を含むものもあります。

また、カロナールは子供も服用できる解熱鎮痛薬としても知られています。カロナールシロップ2%は子供が飲みやすいように工夫されており、小児科領域における解熱や鎮痛に用いられます。

カロナールの効能・効果について

カロナールは非ピリン系解熱鎮痛薬であり、脳の中枢神経系に働きかけることによって解熱鎮痛効果を発揮します。効能・効果としては、頭痛・耳痛・症候性神経痛・腰痛症・筋肉痛・打撲痛・捻挫痛・月経痛・分娩後痛・がんによる疼痛・歯痛・歯科治療後の疼痛・変形性関節症などとなっています。効能・効果に筋肉痛や打撲痛、頭痛とあるように、痛みに対して幅広い効果があることがお分かりいただけるでしょう。

アセトアミノフェンには先発薬が存在しない

アセトアミノフェンを含有する医療用医薬品にはカロナール以外にも、アセトアミノフェン細粒20%「JG」や「トーワ」などがありますが、カロナールほど一般に認知されてはいません。そのため、カロナールが先発薬であり、アセトアミノフェン細粒20%「JG」が後発薬と思われがちです。しかし、カロナールも後発薬であり、アセトアミノフェン自体が古くからある薬であるため、先発薬が存在しないのです。

薬には副作用があるため用法容量を守ること

カロナールの副作用としては、悪心・嘔吐・食欲不振等が報告されています。カロナールに限らず薬の服用によって副作用があらわれることがあるため、医師に指示された量を適切に服用しましょう。

まとめ:喉の痛みや発熱に有効なカロナールとは?

いかがでしたか?今回の内容としては、
・解熱鎮痛薬は熱を下げる作用と痛みを抑える作用がある薬である
・カロナールは解熱鎮痛薬として有名であり一般にも知られている
・カロナールの有効成分はアセトアミノフェンである
・カロナールは子供も服用できる解熱鎮痛薬である
以上の点が重要なポイントでした。アセトアミノフェンが含有された薬は処方箋を発行してもらい受け取る医療用医薬品だけでなく、ドラッグストアなどでも購入できる市販薬にもさまざまな製品が存在します。薬の成分を知ることによって、セルフケアにも役立つことでしょう。

船橋市になるつばさ在宅クリニック西船橋(内科)には発熱外来もありますので、発熱がある方などはご予約の上ご相談いただければと思います。

つばさ在宅クリニック西船橋の診療科目は、
リウマチ・アレルギー科/呼吸器科/循環器内科/糖尿病内科/脳神経内科となっております。
住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟