風邪が重症化しやすいのはどのような人? 船橋市の内科、つばさ在宅クリニック西船橋

内科・循環器内科・呼吸器内科・訪問診療(在宅医療)つばさ在宅クリニック西船橋

外来専用電話047-468-8111

訪問診療専用電話047-495-0111

  • 西船橋駅3地図
  • 駐車場5

住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟

風邪が重症化しやすいのはどのような人? medical column

  • TOP
  • 風邪が重症化しやすいのはどのような人?

風邪が重症化しやすいのはどのような人?

一般的に風邪は自然に回復するもので、軽症で終わることがほとんどであるため、甘くみてしまいがちです。しかし、一般的な風邪であっても重症化してしまう場合があるのです。

そこで今回は、船橋市にあるつばさ在宅クリニック西船橋(内科)より「風邪が重症化しやすいのはどのような人なのか?」という点をテーマにお届けしていきます。

風邪が重症化しやすいのはどのような人?

風邪が重症化するとどうなる?

風邪が重症化すると、肺炎を引き起こすことがあります。風邪によって免疫力や体力が低下すると、バリア機能がうまく働かなくなり、肺にまでウイルスや細菌が入って肺炎を発症します。

その他、急性呼吸不全や気管支炎を合併することもあります。まずは、風邪で起こり得る合併症について見ていきましょう。

肺炎

肺炎は、38度を超える熱やひどい咳、呼吸困難や胸の痛みなどの症状が現れる病気であり、日本人の死因としては上位となっています。ただし、肺炎は日本人の死因としては多いものの、普段健康な若い人が肺炎にかかり亡くなるケースは多くありません。

急性呼吸不全

急性呼吸不全とは、文字どおり呼吸不全の状態が急性に起こるものです。通常、血液には酸素分圧100mmHg程度の酸素が存在するのですが、酸素分圧60mmHg未満になると呼吸不全となります。急性呼吸不全となれば、酸素吸入を使った呼吸補助による治療や原因となった元の病気の治療が必要となります。

気管支炎

気管支炎は、気管や気管支が炎症を起こす病気の総称です。咳・痰・発熱が主な症状であり、ぜーぜーひゅーひゅーといった喘鳴が起こることもあります。

風邪が重症化しやすい人とは?

続いて、風邪が重症化(合併症)しやすい人について見ていきましょう。

高齢者

高齢者は、若い健康な人と比較して免疫力が低下しているため、合併症をひき起こしやすくなっています。風邪の原因のほとんどはウイルスによるものであり、風邪の特効薬というものはないため、重症化してしまうことがあるのです。また、年齢を重ねると症状が現れにくく、なかなか風邪に気づけないということも起こり得ます。ですので、高齢の方に高熱やひどい咳が起これば、なるべく早く受診する必要があります。

高齢者は重症になってからですと、体力も消耗しており、回復が難しくなりますので、風邪と分かれば甘くみず早期の対処が必要です。

基礎疾患をお持ちの方

基礎疾患とは、慢性の心臓病/腎臓病/肝臓病や糖尿病などの病気や状態の方のことをいいます。なぜ、基礎疾患があると風邪であっても重症化してしまうことがあるのかというと、例えば糖尿病の場合では、基礎疾患のない方と比較して免疫力が弱くなっています。また、心臓病をお持ちの方の場合では、肺炎を発症した場合にはそれに耐えられないことがあるのです。

妊婦

妊娠中は、細菌やウイルスに対する抵抗力が低下しているため、弱い感染症であっても合併症を起こしてしまう場合があります。

体調が悪いサインを見逃さないこと

高齢者の方は症状が現れにくいですので、食事が喉を通らなかったり、身体が傾いてまっすぐ座れなかったり、返答があいまいだったり、体調の悪いサインが見られれば見逃さないようにしましょう。

基礎疾患をお持ちの方は予防が大切

基礎疾患をお持ちの方は、基礎疾患の悪化予防と健康維持を心がけ、感染症にかからないように注意しましょう。そのためには、体調や基礎疾患に応じた栄養バランスのとれた食事や、医師等に指示された範囲で運動をしましょう。そして、人混みを避けたり、こまめな手洗いうがい、マスク着用が大切です。

まとめ:風邪が重症化しやすいのはどのような人?

いかがでしたか?今回の内容としては、
・風邪が重症化すると肺炎を引き起こしたり、気管支炎などの合併症を起こすことがある
・風邪が重症化しやすいのは基礎疾患をお持ちの方や高齢者、妊婦が挙げられる
・基礎疾患をお持ちの方は感染症の予防が大切
以上の点が重要なポイントでした。基礎疾患をお持ちの方は、健康状態の変化には敏感でいるようにし、感染症の予防は徹底しましょう。

船橋市にあるつばさ在宅クリニック西船橋は、在宅医療だけでなく外来診療もおこなっています。風邪症状のある場合や体調が優れない…などがありましたら、ご相談いただければと思います。