夏風邪が長引く原因とは? 船橋市の内科、つばさ在宅クリニック西船橋

内科・循環器内科・呼吸器内科・訪問診療(在宅医療)つばさ在宅クリニック西船橋

外来専用電話047-468-8111

訪問診療専用電話047-495-0111

  • 西船橋駅3地図
  • 駐車場5

住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟

夏風邪が長引く原因とは? medical column

  • TOP
  • 夏風邪が長引く原因とは?

夏風邪が長引く原因とは?

「夏風邪はなぜ長引いてしまうのだろう…」
「夏風邪が長引く原因を知りたい…」
夏風邪は長引きやすい…というのを聞いたことがある方は多いでしょう。では、なぜこのように言われることがあるのかを、皆さんはご存じでしょうか?

今回は、船橋市にあるつばさ在宅クリニック西船橋(内科)より「夏風邪が長引く原因」をテーマにお届けしていきます。

夏風邪が長引く原因とは?

夏風邪が長引く原因とは?

早速夏風邪が長引く原因について見ていきましょう。

クーラーのかけ過ぎ

クーラーをかけ過ぎてしまうと、自律神経を乱して体温調節が上手くできなくなってしまいます。自律神経が乱れることによって、風邪を引きやすくなるだけでなく、風邪を長引かせてしまう原因になります。夏場は屋外と室内の温度差には気を付ける必要がありますが、特に夏風邪を引いたときには、注意するようにしましょう。

誤った対処をしてしまう

風邪を引いた場合に、セルフケアとして市販薬を購入される方は多いかと思います。ただし、間違った薬の選び方をしてしまうと、症状が長引いてしまうことがあります。特に夏風邪は誤った対処をしてしまいがちです。

夏風邪の主な症状として下痢が挙げられますが、それが繰り返されることで不快に思い、市販の下痢止めを使用されてしまう方がいらっしゃいます。しかし、夏風邪の下痢症状はウイルスを排出するためのものであるため、むやみに下痢止めを使ってしまうことで長引いてしまうことにつながるのです。

また、下痢だけでなく嘔吐を繰り返す場合にも、「栄養をつけなくては…」と無理して食事を口にしてしまう方がいますが、下痢や嘔吐を繰り返す中での食事は余計に悪化させてしまう原因になってしまいます。

湿度を高くしすぎてしまう

風邪を引いている時は部屋の乾燥に気を付けて、湿度を高くすることが大切である。ということをご存じの方は多いでしょう。しかしこれは、一般的な風邪ウイルスが低温で乾燥した空気を好むために言えることです。

夏風邪のウイルスは高温・多湿を好むため、夏風邪をひいている時に湿度を高めてしまうと、夏風邪ウイルスは活発に働いてしまいます。同じ理由で、夏風邪に濡れマスクは基本的に適していません。

無理に汗をかこうとする

夏風邪を引くと無理に厚着をして汗をかいて治そうとする人がいますが、これはおすすめしません。夏に温度管理をせずに無理に汗をかこうとすると、ただでさえ体力を消耗しやすい季節であるというのに、余計に体力が消耗されて長引く原因になります。体力の消耗に気を付けて、安静に休むというのが早く治すためには重要です。

夏は夏風邪だけでなく夏バテにも注意

夏バテは、食欲がなくなったり、疲れやすくなったり、体が重く感じたりする体調不良の総称です。夏バテは睡眠不足や冷たいものの摂りすぎ、外と中の寒暖差などによって起こりやすくなりますので、体調管理をしっかりおこなって夏バテを防止しましょう。

生活リズムを整えたり、食生活を見直したり、睡眠をしっかりとるといった規則正しい生活は、自律神経を整えて、夏バテ予防・夏風邪予防につながります。

まとめ:夏風邪が長引く原因とは?

いかがでしたか?夏風邪が長引く原因としては、
・クーラーのかけ過ぎ
・夏風邪の下痢症状に対して、市販の下痢止めをむやみに使用してしまう
・湿度を高くしすぎてしまう
などが挙げられるということでした。夏は体力の消耗しやすい季節であり、免疫力が低下しやすいため、適宜休憩を挟んで無理をしすぎないようにしましょう。規則正しい生活は夏風邪だけでなく、夏バテの予防にもつながりますので、意識していただければと思います。

船橋市にあるつばさ在宅クリニック西船橋は、在宅医療だけでなく外来診療もおこなっています。風邪症状のある場合や体調が優れない…などがありましたら、ご相談いただければと思います。