部屋でも起こる熱中症|室内で起こる熱中症の対策について 船橋市の内科、つばさ在宅クリニック西船橋

内科・循環器内科・呼吸器内科・訪問診療(在宅医療)つばさ在宅クリニック西船橋

外来専用電話047-468-8111

訪問診療専用電話047-495-0111

  • 西船橋駅3地図
  • 駐車場5

住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟

部屋でも起こる熱中症|室内で起こる熱中症の対策について medical column

  • TOP
  • 部屋でも起こる熱中症|室内で起こる熱中症の対策について

部屋でも起こる熱中症|室内で起こる熱中症の対策について

熱中症と聞くと炎天下のなか運動をしたり労働をしたりすることで起こる、というイメージを持たれている方は多いかと思います。しかし、室内であっても熱中症になってしまう場合があるのです。

今回は、船橋市にあるつばさ在宅クリニック西船橋(内科)より「部屋でも起こる熱中症」をテーマにお届けしていきます。室内で起こり得る熱中症の対策を知りたい方はぜひご覧ください。

部屋でも起こる熱中症|室内で起こる熱中症の対策について

熱中症について

熱中症は、大量の汗によって体の水分を失い、体温の調節機能が効かなくなって起こる症状の総称であり、めまい・ふらつき・体温の上昇・頭痛・嘔吐などの症状があらわれます。また、時として生命にかかわることもあるため注意しなければなりません。

熱中症が起こりやすい環境とは?

熱中症が起こりやすい環境としては、気温が高い・湿度が高い・日差しが強い・風がない、などが挙げられ、高齢者・乳幼児・体調不良の方・肥満の方がなりやすくなっています。

室内でも熱中症は起こる

実は熱中症発症の4割程は自宅で起こっており、外気温が高くなることで、自然と室内の温度も高くなっています。そして、エアコンなどの冷房機器を使わなければ、熱中症のリスクは高まってしまうのです。また、屋外でスポーツなどをして帰ってきてから水分補給ができていない場合でも、熱中症になることがあります。涼しい室内に入ることで喉の渇きを感じにくくなり、水分を補給しないことでそれは起こるのです。

外に比べて室内だと温度上昇に気づきにくいこともありますが、室内でも多くの方が熱中症にかかっていますので、対策をとることが大切です。

室内での熱中症対策について

室内での熱中症対策について見ていきましょう。

サーキュレーターを活用

エアコンとサーキュレーターを併用することで、部屋全体の温度を均一にすることができます。また、エアコンのない部屋にも冷気を届けることができ、冷房効率を高めることができます。空気の循環を良くして部屋の温度を早く下げたい場合、省エネをしながら熱中症予防をしたい場合にはサーキュレーターの活用が適しています。

日差しを避ける

部屋に日差しが入ることで、室温が高まりますので、カーテン・すだれ・シェード・ブラインドなどを使って強い日差しを避けることも、部屋の中での熱中症対策になります。

こまめな水分補給

高齢者は熱中症になりやすいと言われていますが、それは喉の渇きを感じにくいことによるものです。喉が渇く前にこまめな水分補給が、屋外・室内問わず熱中症、脱水症予防のためには基本のポイントになります。

このような症状は熱中症の可能性も

以下のような症状があらわれれば、熱中症の可能性があります。
手足がほてる・めまい・立ちくらみ・こむら返り・筋肉が痙攣・汗をかかない・吐き気・皮膚に触れると暑い・まっすぐ歩けない・震える・反応がない・水が飲みこめない。

呼びかけや刺激に対して反応がおかしかったり、答えがないといった重症な場合には、すぐに救急車を呼びましょう。

まとめ:部屋でも起こる熱中症|室内で起こる熱中症の対策について

いかがでしたか?今回の内容としては、
・熱中症は体の水分を失い、体温の調節機能が効かなくなって起こる症状の総称である
・熱中症が起こりやすい環境としては、気温が高い・湿度が高い・日差しが強い・風がないなどが挙げられる
・気温の高さによって室温が上がり、冷房機器等を使わないことなどで室内での熱中症は起こる
・室内での熱中症対策として、サーキュレーターを活用したり日差しを避けること
以上の点が重要なポイントでした。室内でも熱中症は起こることを頭に入れ、気温の高い日や外で激しい運動をした後などでは、今回の内容を参考にしていただければと思います。

船橋市にあるつばさ在宅クリニック西船橋は、在宅医療だけでなく外来診療もおこなっています。熱中症の疑いがある場合や、体調面で違和感がある場合などでご相談いただければと思います。