冷えからくる体の不調について 船橋市の内科、つばさ在宅クリニック西船橋

内科・循環器内科・呼吸器内科・訪問診療(在宅医療)つばさ在宅クリニック西船橋

外来専用電話047-468-8111

訪問診療専用電話047-495-0111

  • 西船橋駅3地図
  • 駐車場5

住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟

冷えからくる体の不調について medical column

  • TOP
  • 冷えからくる体の不調について

冷えからくる体の不調について

「最近冷えを感じることがあり、体調も優れない…」
「体の冷えを予防するための方法を知りたい…」
このような方はいらっしゃいませんか?手足が冷たく、冷えを自覚されている方は少なくありませんが、その状態は体にさまざまな不調をきたす場合があります。

今回は、船橋市にあるつばさ在宅クリニック西船橋(内科)より「冷えからくる体の不調」をテーマにお届けしていきますので、ぜひご覧ください。

冷えからくる体の不調について

冷え性とは?

冷え性は、血流が悪くなることで起こる症状の一つであり、血行が悪くなることで身体の巡りが悪くなって老廃物も排出されにくくなってしまいます。寒いわけでもないのに手足が冷たかったり、すぐに手足が冷えてしまったり、厚着をしても体が冷えるといった場合には冷え性である可能性があります。

冷え性の原因は?

冷え性の原因として運動不足が挙げられます。運動が不足すると基礎代謝が低下して血液の循環が悪くなってしまいます。男性よりも女性の方が冷え性になりやすいということを耳にされたことがあるかと思いますが、女性の方が筋肉量は少ないため、体内で熱を生産することがうまく出来ないのです。

また、運動不足による筋肉の衰えだけでなく、生活習慣の乱れや冷たい飲食物の摂りすぎ、喫煙も冷えの原因になります。喫煙は血管を急に収縮させてダメージを与え、動脈硬化にもつながりますので、生活習慣病にならないようにするためにも、禁煙をおすすめします。

冷えによる体の影響

冷えはそのままにしておくと、内臓の働きを悪くさせ免疫力を低下させます。免疫力が低下すると感染症にもかかりやすくなります。また、疲れ・肩こり・不眠・胃腸の不調といったさまざまな症状につながっていきます。冷え性は老廃物が排出されにくくなるということは既にお伝えしましたが、下半身に老廃物が蓄積するとセルライトができてしまうこともあります。

美容面でも冷え性は良くない

冷え性は、肌にも影響を与え乾燥肌やかゆみ、ニキビがあらわれる場合もあります。また、イライラしたり、やる気が出ないなどの精神面にも影響を与えます。

冬の寒さからくる体調不良について

直接的な冬の寒さによっても体調が崩れることがあります。それが冬の寒暖差によるものです。夏バテと同じように外と部屋の寒暖差によって体がついていけず、自律神経が乱れてしまうことがあります。睡眠の質を高めたり外出時は暖かい恰好をしたり、バランスの良い食事を口にしたりして、寒い冬を乗り越えましょう。

体の冷えを予防するには?

体の冷えを予防するには有酸素運動が効果的です。適度な運動によって筋肉がつきますし、血行も改善されます。また、運動はリフレッシュとなり自律神経を整えてくれるでしょう。なかなか有酸素運動をおこなう時間がない…という場合では、家の中でストレッチをするだけでも血流をよくすることが可能です。

体が冷えてしまった場合には、湯舟にしっかり浸かり、全身の血流を良くしましょう。冷たいものを口にすると体の中から冷えますが、逆に温かい食べ物を口にすることで体を温めることができます。ニンニクやニラ、ショウガやネギは体を温めるといいますから、これらをとりいれても良いでしょう。

まとめ:冷えからくる体の不調について

いかがでしたか?今回の内容としては、
・冷え性の原因として運動不足・生活習慣の乱れ・喫煙などが挙げられる
・体の冷えは、疲れ・肩こり・不眠・胃腸の不調といったさまざまな症状につながる
・冬の寒暖差によって自律神経が乱れ、体の不調があらわれることもある
・体の冷えを予防するには有酸素運動が効果的である
以上の点が重要なポイントでした。冷えは体の不調にもつながりますので、適度な運動をおこない、生活習慣を整えましょう。

船橋市にあるつばさ在宅クリニック西船橋は、在宅医療だけでなく外来診療もおこなっています。体調が優れない方や、咳症状のある方などご相談いただければと思います。