お腹の風邪とは?感染性胃腸炎について 船橋市の内科、つばさ在宅クリニック西船橋

内科・循環器内科・呼吸器内科・訪問診療(在宅医療)つばさ在宅クリニック西船橋

外来専用電話047-468-8111

訪問診療専用電話047-495-0111

  • 西船橋駅3地図
  • 駐車場5

住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟

お腹の風邪とは?感染性胃腸炎について medical column

  • TOP
  • お腹の風邪とは?感染性胃腸炎について

お腹の風邪とは?感染性胃腸炎について

風邪は、正式に風邪症候群といって上気道の急性炎症の総称ですが、上気道ではなくお腹の調子が悪くなる(下痢など)ことを、分かりやすくお腹の風邪と呼ぶことがあります。今回は、船橋市にあるつばさ在宅クリニック西船橋(内科)より、お腹の風邪をテーマにお届けしていきます。

お腹の風邪とは?感染性胃腸炎について

お腹の風邪とは?

お腹の風邪とは、細菌やウイルスが胃腸に入りこむことでお腹が悪くなり、下痢や嘔吐が起こる症状を指しています。お腹の風邪は、正式には感染性胃腸炎(ウイルス性胃腸炎・細菌性胃腸炎)と呼びます。ウイルスが原因で胃腸に炎症が起こるものがウイルス性胃腸炎であり、細菌が原因で胃腸に炎症が起こるものが細菌性胃腸炎となっています。

感染性胃腸炎について

感染性胃腸炎は、先述の通り細菌やウイルスなどの病原体が原因して、嘔吐や下痢を引き起こす病気の総称です。胃腸内にウイルスなどが感染することで起こる病気というわけですが、一般的に夏は細菌が繁殖しやすいため細菌による胃腸炎が多く、冬はウイルス性の胃腸炎が多い傾向にあります。

感染性胃腸炎が起こる細菌・ウイルス

感染性胃腸炎が起こるウイルスでは下記が挙げられます。
・ノロウイルス
・ロタウイルス
・アデノウイルス など
このなかでもノロウイルスは感染力が強く流行に注意が必要です。

感染性胃腸炎が起こる細菌では下記が挙げられます。
・サルモネラ
・カンピロバクター
・ブドウ球菌
・腸管出血大腸菌 など
これらは一部ですが、多彩な病原体が感染性胃腸炎では関わっていることが、お分かりいただけるかと思います。

感染性胃腸炎の症状について

感染性胃腸炎の症状は、それぞれのウイルスや細菌によって異なりますが、発熱・下痢・嘔吐・悪心・腹痛などがあらわれます。

感染性胃腸炎の感染経路について

感染性胃腸炎の感染経路としては、食品を食べることによって感染する経口感染と、病原菌が付着した手を介して口に入って感染する接触感染、患者の嘔吐物や下痢便などの飛沫が口に入ることで感染する飛沫感染があります。

感染性胃腸炎の予防について

感染性胃腸炎の予防としては、食事前や帰宅時には手洗いをしっかり行うことです。また、汚れた手で不用意に顔を触れないこと、貝類を調理したまな板や包丁は、すぐに熱湯消毒すること、食品は十分に加熱すること、患者の嘔吐物などの処理は衛生的に処理することなどが予防のためには重要です。ウイルス性のものでは、手洗いの徹底と患者との濃厚接触を避けて、細菌性のものでは食中毒の予防を行うことが大切であるということですね。

感染性胃腸炎になったらどうすれば?

感染性胃腸炎になれば、脱水症状を引き起こさないように水分補給を行いましょう。水分を受け付けないようであれば、病院で点滴など処置を受けましょう。ウイルス性胃腸炎では自然に治る可能性が高いですが、危ない疾患も含まれているため自己判断で対処するのではなく、受診することをおすすめします。例えば、市販の下痢止めを飲んでしまうとウイルスが体外に排出することができなくなって、病状が長引くこともあります。

まとめ:お腹の風邪とは?感染性胃腸炎について

いかがでしたか?今回の内容としては、
・お腹の風邪は感染性胃腸炎のことを指している
・感染性胃腸炎はウイルスなどの病原体が原因して嘔吐や下痢を引き起こす病気の総称
・感染性胃腸炎の感染経路は経口感染、接触感染、飛沫感染がある
以上の点が大切なポイントでした。お腹の風邪は感染性胃腸炎を指していることをお分かりいただけたかと思いますが、予防として食事前の手洗いなど、今回紹介した内容を徹底しましょう。

船橋市になるつばさ在宅クリニック西船橋は、呼吸器内科や循環器内科がありますので、咳が止まらない…、お腹に違和感がある…など、お気軽にご相談いただければと思います。

つばさ在宅クリニック西船橋の診療科目は、
リウマチ・アレルギー科/呼吸器科/循環器内科/糖尿病内科/脳神経内科となっております。
住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟