咽頭炎(のど風邪)の症状や原因について 船橋市の内科、つばさ在宅クリニック西船橋

内科・循環器内科・呼吸器内科・訪問診療(在宅医療)つばさ在宅クリニック西船橋

外来専用電話047-468-8111

訪問診療専用電話047-495-0111

  • 西船橋駅3地図
  • 駐車場5

住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟

咽頭炎(のど風邪)の症状や原因について medical column

  • TOP
  • 咽頭炎(のど風邪)の症状や原因について

咽頭炎(のど風邪)の症状や原因について

咽頭炎はどのような症状が起こるものなのか、そしてその原因について皆さんはご存知でしょうか?そもそも咽頭が体のどの部分であるかをご存知でない方も多いでしょう。

今回は、船橋市にあるつばさ在宅クリニック西船橋(内科)より、咽頭炎(のど風邪)の症状や原因をテーマにお届けしていきます。

咽頭炎(のど風邪)の症状や原因について

咽頭炎(のど風邪)とは?

咽頭炎とは、咽頭に炎症を起こしている状態のことをいいます。咽頭炎は一般的に、急性咽頭炎と慢性咽頭炎があります。

咽頭炎(いんとうえん)の症状について

咽頭炎の症状としては、のどの痛みや違和感、声がれや声が出にくくなるといった症状が挙げられます。また、感染によって起こる咽頭炎では、発熱や倦怠感といった症状を伴うことがあります。

そもそも咽頭とは?

そもそも咽頭とは、鼻腔や口腔の奥にある管状の部分を指し、喉頭や食道につながっています。咽頭の構造は、上咽頭・中咽頭・下咽頭の3つに分けられます。

上咽頭(じょういんとう)

上咽頭は、鼻の一番奥にあり、(鼻とのどの間)口蓋垂(のどちんこ)の上にあります。
上咽頭へのウイルス・細菌感染や、空気の乾燥などにより炎症が起こることを上咽頭炎といいます。

中咽頭(ちゅういんとう)

中咽頭は、咽頭の管の中間にあり、呼吸と食べ物の通り道になっています。中咽頭は構音(発音)や嚥下(飲み込むこと)において、重要な役割を持っています。

下咽頭(かいんとう)

下咽頭は、咽頭の管の一番下にあり、食べたものは食道に流れていきます。下方は食道、前方は喉頭とつながっています。

慢性咽頭炎とは?

慢性咽頭炎とは、咽頭の炎症が慢性化したものをいい、食べ物が飲み込みにくかったり、声が出にくくなったりします。

急性咽頭炎とは?

急性咽頭炎とは、咽頭の粘膜やリンパ組織に起こる急性の炎症のことをいいます。

咽頭炎の原因とは?

咽頭炎の主な原因は細菌・ウイルスであるため、のど風邪とも呼ばれています。また、咽頭炎は上気道の炎症や気管支炎に伴って起こったり、大きな声を出したり、刺激物の吸引によっても起こることがあります。

慢性咽頭炎の原因とは?

急性咽頭炎の繰り返しや胃食道逆流症によって起こることがあります。また、過食症の患者さんで、嘔吐を繰り返す場合に咽頭炎が起こることがあります。

咽頭炎の診断について

咽頭炎の診断は、声の変化や咽頭炎の典型的症状に基づいて下されますが、内視鏡を用いて診断することもあります。咽頭炎の症状に声がれがありますが、咽頭がんによって引き起こされることもあるため、症状が長引く場合には咽頭がんの診察を受けるようにしましょう。

咽頭炎の治療について

咽頭炎の治療法はその原因によって異なりますが、咳止め薬の服用、抗菌薬の服用、蒸気の吸入、うがい薬の服用、などが挙げられます。生活上の注意としては、なるべく声を出さない、刺激物は控える、普段たばこを吸われている方は禁煙する、などが挙げられます。

咽頭炎の予防

咽頭炎の主な原因が感染によるものですので、ウイルスが体内に入ってこないように風邪予防をすることです。そのために栄養と睡眠をしっかりとり、手洗いうがいをする、人混みを避けるといったことが有効です。

まとめ:咽頭炎(のど風邪)の症状や原因について

いかがでしたか?今回の内容としては、
・咽頭炎とは咽頭に炎症を起こしている状態のこと
・咽頭炎の症状はのどの痛みや声がれが挙げられる
・咽頭は鼻腔や口腔の奥にある管状の部分を指す
・咽頭炎の主な原因は細菌やウイルスによるもの
以上の点が重要なポイントでした。

船橋市になるつばさ在宅クリニック西船橋(内科)は、内科を中心とした総合診療を行っていますので、今回紹介したような症状のある場合にはお気軽にご相談いただければと思います。

つばさ在宅クリニック西船橋の診療科目は、
リウマチ・アレルギー科/呼吸器科/循環器内科/糖尿病内科/脳神経内科となっております。
住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟