発熱とは何度からのことをいう?高熱の場合は? 船橋市の内科、つばさ在宅クリニック西船橋

内科・循環器内科・呼吸器内科・訪問診療(在宅医療)つばさ在宅クリニック西船橋

外来専用電話047-468-8111

訪問診療専用電話047-495-0111

  • 西船橋駅3地図
  • 駐車場5

住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟

発熱とは何度からのことをいう?高熱の場合は? medical column

  • TOP
  • 発熱とは何度からのことをいう?高熱の場合は?

発熱とは何度からのことをいう?高熱の場合は?

「発熱は何度からのことをいうのだろう…」
「高熱は何度から…?」
平熱よりも高い熱が出た際に、発熱は何度からなのか?という点が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?また、温度によって病院の受診を決める方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、船橋市にあるつばさ在宅クリニック西船橋(内科)より、発熱とは何度からのことをいうのか?という点をテーマにお届けしていきます。

発熱とは何度からのことをいう?高熱の場合は?

そもそもなぜ発熱は起こるのか?

なぜ発熱が起こるかというと、ウイルスや細菌が体内に侵入すると免疫力を高めて退治しようとします。そして、免疫力を高めるためには、平熱よりも高い体温が必要になるため、発熱が起こります。つまり発熱は、体内に入り込んだウイルスの増殖を抑える、防御反応なのです。

発熱は何度からなの?高熱は?

一般的に発熱は37.5℃からを発熱と考えられていますが、発熱を何度からにするかという取り決めはありません。日本の感染症法では、37.5℃以上が発熱で38℃以上を高熱と定義していますが、これも目安になります。さらに、平熱は人それぞれで、平熱が高い人もいれば低い人もいるわけです。

ただし、体温は日内変動として0.5℃~1℃ほどの幅があるものの、健康なときは37.5℃未満のことが多いため、37.5℃以上の熱や強いだるさなどの症状があれば受診すべきであると言えます。また、平熱が何度であれ、体温計で測り36℃台であれば熱に関しては心配ありません。

なぜ熱を測るたびに体温が変わるか?

熱を体温計で測るたびに、多少変わることがあります。それは、体温計を当てる位置や角度が関係していたり、再度すぐに計測すると体温計が温まっているなどの原因が考えられます。体温計を利用して熱を測る際は、運動の直後などでなく安静にしているときに使用し、脇の汗は拭ってから使いましょう。また、わきのくぼみ中央に斜め下から先端をあて、反対の手で肘を押さえて脇をしっかり閉じましょう。

熱は自然に治まるもの

風邪症状が治まるにつれて、熱は自然となくなっていくものです。細菌やウイルスを退治するために熱を上げるということは先述しましたが、無理に体温を下げてしまうと免疫力の活性化を妨げてしまう原因にもなります。

解熱剤について

では、熱が出た際に解熱剤は必要なのでしょうか?答えとしては、解熱剤は発熱の際に必ず必要となるものではなく、状況に応じて利用するものです。熱のせいで辛かったり眠れなかったりといった状態を一時的に緩和させることができるため、体の回復に必要な場合があります。高熱の場合には体力消耗や水分喪失が心配されますが、熱を一時的に下げることで楽になります。

熱がでたときはどうすればいい?

熱は体力を消耗しますので、風邪などをひけば安静にして体力を温存しましょう。また、汗をかいた際は脱水になりやすいので、水分補給をしっかりおこない栄養もつけましょう。食欲がなければ、おかゆやスープでも喉に通りやすい食事をし、無理をしないことが大切です。

病院に行くべきかどうかについて

コロナ禍では軽い風邪症状と思っていたものが新型コロナウイルスであった…という場合も考えられますので、発熱があれば電話相談窓口や発熱外来に電話相談することをまずはおすすめします。また、明らかな高熱や強いだるさ、基礎疾患をお持ちの方はすぐに相談しましょう。

まとめ:発熱とは何度からのことをいう?高熱の場合は?

いかがでしたか?今回の内容としては、
・一般的に37.5℃以上が発熱、38℃以上が高熱とされている
・熱がある場合は安静にして水分補給をすること
・解熱剤は高熱で必要となる場合がある
・コロナ禍では発熱があれば電話相談窓口や発熱外来などに相談すること
以上の点が重要なポイントでした。微熱であれば受診せずに安静にして自然に治るのを待つという人が今まで多かったと思いますが、コロナ禍という状況がありますので、心配な点があればなるべく早く相談することをおすすめします。

船橋市になるつばさ在宅クリニック西船橋(内科)には、発熱外来がありますので、発熱症状のある方はご相談いただければと思います。

つばさ在宅クリニック西船橋の診療科目は、
リウマチ・アレルギー科/呼吸器科/循環器内科/糖尿病内科/脳神経内科となっております。
住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟