風邪薬の飲みすぎに注意!市販薬を服用する際の注意点について 船橋市の内科、つばさ在宅クリニック西船橋

内科・循環器内科・呼吸器内科・訪問診療(在宅医療)つばさ在宅クリニック西船橋

外来専用電話047-468-8111

訪問診療専用電話047-495-0111

  • 西船橋駅3地図
  • 駐車場5

住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟

風邪薬の飲みすぎに注意!市販薬を服用する際の注意点について medical column

  • TOP
  • 風邪薬の飲みすぎに注意!市販薬を服用する際の注意点について

風邪薬の飲みすぎに注意!市販薬を服用する際の注意点について

「市販薬は長期使用してもいいのだろうか…」
「風邪薬(市販薬)の注意点を知りたい…」
ドラッグストアなどで購入できる薬としてOTC医薬品(市販薬)がありますが、服用にあたりさまざまな注意点があり、必ず守る必要があります。

そこで今回は、船橋市にあるつばさ在宅クリニック西船橋(内科)より、「風邪薬」や「市販薬を服用する際の注意点」をテーマにお届けしていきます。

風邪薬の飲みすぎに注意!市販薬を服用する際の注意点について

風邪薬は用法用量をしっかり守ること

風邪薬に限ったことではありませんが、医療用医薬品やOTC医薬品(市販薬)は用法用量をしっかり守ることが大切です。用法用量を守ることで、安全にそして有効に利用することができますし、薬には副作用がありますので、正しく利用しなければ思わぬ副作用が起きてしまうことも考えられます。

症状が重たいからといって多めに薬を使用したり、服用をうっかり忘れたからといって、忘れた分とあわせてまとめて服用するなど、飲み方を変えないようにしましょう。

薬を飲みすぎるとどうなる?

市販薬のなかには麻薬と同様の鎮痛成分が含まれているものも存在し、大量に飲むことで高揚感や多幸感が得られるとされるものもあります。そうなると、内臓には大きな負担がかかったり機能低下といった悪影響があるだけでなく、依存してしまいなかなか辞めることができません。本来の目的とは違う目的で、市販薬を利用するのは絶対にやめましょう。

長期連用について

風邪薬の添付文書のなかには、
・5日間を超えて服用しないでください。
・5~6回服用してもよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は販売登録者に相談してください。
などの記載があります。添付文書を読まずに長期連用などはしないようにしましょう。

市販薬の使用上の注意について

過去に服用した薬や薬に含まれる成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人や、ぜんそくを起こしたことがある人は、その薬を服用しないでください。また、薬によって眠気等があらわれることがあるため、そのような薬を飲む場合は乗り物や機械類の操作はしてはいけません。

そのほか服用前後の飲酒はNGであったり、服用している間は他の風邪薬や解熱鎮痛薬を使用してはいけないものもあります。

添付文書にしっかり目を通すこと

市販薬には添付文書がありますので、必ず使用上の注意には目を通すようにしましょう。その添付文書には、先述したような「してはいけないこと」のほか「相談すること」起こり得る「副作用」「成分」などが記載されています。

総合かぜ薬について

総合かぜ薬は、風邪の諸症状である、喉の痛みや鼻水、鼻詰まり、発熱、悪寒、頭痛、くしゃみ、咳、痰、関節の痛みなどに効果があります。総合かぜ薬は1剤だけでさまざまな症状を和らげられる利点がある一方で、その分多くの成分が含まれています。さまざまな成分を含むことにより、咳や鼻詰まり、頭痛などに対応できるわけですが、その症状がなければ含まれる成分としては無駄であるとも言えます。また、どのような薬でも副作用はあるものの、成分が多くなるだけ、その成分による副作用も起こり得るのです。

ドラッグストアなどで購入できるOTC医薬品(一般用医薬品)は受診の必要なく手に入るため手軽ではありますが、飲み合わせや正しい服用はしっかり意識する必要があります。もし、何らかの副作用や問題があれば、なるべく早く医師や薬剤師などに相談しましょう。

ただの風邪と思っていたら…

ただの風邪だろうと市販の風邪薬を飲んでいたら症状が悪化して、のちに発熱外来で診断を受けた結果、新型コロナウイルスだった…ということも考えられます。市販の風邪薬で対応するセルフケアも一つの手ですが、少しでも変だなと思えば、ただちに受診するようにしましょう。ただの風邪だと思っても、時世的問題がありますのでむやみに行動せず、診断を受けて安静にするのが大切です。

まとめ:風邪薬の飲みすぎに注意!市販薬を服用する際の注意点について

いかがでしたか?今回の内容としては、
・医薬品は用法用量をしっかり守ること
・薬を飲みすぎると内臓への負担や機能低下が起こり得る
・市販薬を服用する際には添付文書に記載されている使用上の注意をしっかり読むこと
・総合かぜ薬はさまざまな症状に対応できる分多くの成分が含まれている
以上の点が重要なポイントでした。市販薬で対応するセルフケアも健康維持のための一つの手段ですが、何かの病気が隠れている可能性もありますので、体の不調は基本的に受診するようにしましょう。

船橋市になるつばさ在宅クリニック西船橋(内科)では、発熱外来や糖尿病内科などがあり、さまざまな症状に対応しています。風邪症状や熱のある方など、ご相談いただければと思います。

つばさ在宅クリニック西船橋の診療科目は、
リウマチ・アレルギー科/呼吸器科/循環器内科/糖尿病内科/脳神経内科となっております。
住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟