糖尿病の予兆・初期症状について 船橋市の内科、つばさ在宅クリニック西船橋

内科・循環器内科・呼吸器内科・訪問診療(在宅医療)つばさ在宅クリニック西船橋

外来専用電話047-468-8111

訪問診療専用電話047-495-0111

  • 西船橋駅3地図
  • 駐車場5

住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟

糖尿病の予兆・初期症状について medical column

  • TOP
  • 糖尿病の予兆・初期症状について

糖尿病の予兆・初期症状について

「そもそも糖尿病とはどのような病気なのだろう…」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?年齢を重ねると気になる糖尿病ですが、その症状について詳しい方は少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、船橋市にある「つばさ在宅クリニック西船橋」より、「糖尿病の予兆・初期症状」をテーマにお届けしていきます。

糖尿病の予兆・初期症状について~糖尿病は船橋市にある「つばさ在宅クリニック西船橋」まで~

そもそも糖尿病とは?

糖尿病は、インスリンがうまく働かないことにより、ブドウ糖(血糖)が増えてしまう病気です。血糖が高いまま放置されることにより、失明や腎不全、心臓病といった重たい病気もひき起こします。

糖尿病の1型2型~糖尿病は気付きにくい~

糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があり、1型糖尿病は、体重が減ったり尿が多くなったりという症状が急にあらわれるのですが、2型は悪化した状態になってから分かることが多いため、初期には糖尿病に気付きにくいという特徴があります。

1型糖尿病

膵臓でインスリンを生成できない状態、もしくはほとんどない状態で、インスリン注射でインスリンを補っていく必要があります。子供や若い世代に多く発症するとされていますが、すべての年代で起こり得る病気です。

2型糖尿病

糖尿病患者のほとんど(約9割)である2型糖尿病は、インスリンの分泌量が少なかったり有効に働かなかったりして、血糖値が高くなってしまいます。遺伝的な要素や運動不足、生活習慣が原因であるとされていますが、はっきりとした原因はわかっていない状況です。治療は運動療法や食事療法、薬やインスリン注射を行います。

糖尿病の予兆・初期症状について

糖尿病の初期には自覚症状がほとんどないため、糖尿病が初期で見つかるのは健康診断というケースが多々あります。ただし下記のような症状に心当たりがあれば、重症化を防ぐためにも船橋市にあるつばさ在宅クリニック西船橋のように、糖尿病科のある病院へ受診することをおすすめします。

糖尿病の主な症状

糖尿病の主な症状は、「尿の回数が増える」「疲れやすくなる」「手足のしびれ」「体重低下」「皮膚が乾燥して痒い」「感染症によくかかる」「目がかすむ」「性機能の問題(ED)」「のどが渇く」などです。
のどの渇きや、手足のしびれは血糖値が上昇してしまったときの症状で、初期の状態では糖尿病に気付かず、病院に受診するときは進行してしまっていた…という方も見受けられます。2型糖尿病の場合には、ゆっくりと進行していきますが、1型糖尿病の場合には、急激な体重低下やひどい疲れといったものが、通常突然あらわれます。

糖尿病の合併症について

先ほど糖尿病の症状についてお伝えしましたが、注意したいのは糖尿病による合併症です。糖尿病の合併症としては、「脳卒中」「心筋梗塞」「腎不全」「網膜症」「動脈硬化」などがあり、糖尿病にかかっている場合には合併症をひき起こさないように管理しなければなりません。糖尿病は早い段階で対処をすれば、健康な人と変わらない生活を送ることができますので、やはり早期発見することが大切です。

まとめ:糖尿病の予兆・初期症状について~糖尿病は船橋市にある「つばさ在宅クリニック西船橋」まで~

いかがでしたか?ここまでの内容をまとめると、
・糖尿病はブドウ糖が増えてしまう病気である
・糖尿病には1型と2型が存在する
・糖尿病は初期では自分で気付きにくい
・合併症を起こさないように糖尿病は早い段階での対処が必要
以上が、今回のテーマにおける大切なポイントでした。糖尿病は初期では気付きにくいため、定期的に健診を受けたり、生活習慣・食習慣を整えて健康を意識して生活していきましょう。糖尿病の疑いがあるという方や、健診を受けられたい方は糖尿病内科のあるつばさ在宅クリニック西船橋(船橋市内)までご相談ください。

つばさ在宅クリニック西船橋の診療科目は、
リウマチ・アレルギー科/呼吸器科/循環器内科/糖尿病内科/脳神経内科となっております。
住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟