呼吸器疾患の「喘息」症状・原因 船橋市の内科、つばさ在宅クリニック西船橋

内科・循環器内科・呼吸器内科・訪問診療(在宅医療)つばさ在宅クリニック西船橋

外来専用電話047-468-8111

訪問診療専用電話047-495-0111

  • 西船橋駅3地図
  • 駐車場5

住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟

呼吸器疾患の「喘息」症状・原因 medical column

  • TOP
  • 呼吸器疾患の「喘息」症状・原因

呼吸器疾患の「喘息」症状・原因

「もしかするとこの症状は喘息?」
「喘息はなぜ起こるのだろう…原因が知りたい!」
呼吸器疾患のなかではよく知られる気管支喘息ですが、その症状や原因を皆さんはご存知でしょうか?今回は船橋市にあるつばさ在宅クリニック西船橋より、呼吸器疾患の一つである気管支喘息をテーマに症状や原因についてお届けしていきます。

呼吸器疾患の「喘息」症状・原因

呼吸器疾患とは?

呼吸器疾患とは、呼吸に関わる臓器である呼吸器(上気道・気管・気管支・肺など)に起こる疾患の総称です。代表的な呼吸器疾患には、今回のテーマである気管支喘息のほかに、COPD・かぜ症候群・気管支炎・インフルエンザ・肺がん・副鼻腔炎などがあります。

呼吸器疾患のひとつである気管支喘息の症状・原因とは?

気管支喘息は主にアレルギー性の炎症により気管支が狭くなる病気で、健康な人と比べて空気が通りにくく呼吸がしづらくなってしまいます。また、ゼイゼイ、ヒューヒューといった音がなる喘鳴(ぜんめい)や、ホコリやストレス、タバコの煙などの刺激で発作が起きたりします。息苦しさや咳などの症状は夜間に現れることが多くあり、咳で眠りが障害される方や、じっとしていても息苦しさを感じるようになり、会話をするのも辛い…といった重たい症状をお持ちの方もいらっしゃいます。

<気管支喘息の症状>

呼吸困難/動悸・息切れ/激しい咳や痰/空咳/喘鳴

喘息発作の誘因

喘息発作の誘因になるアレルゲンは、動物の毛や花粉、ダニやカビ、ハウスダストなどさまざまであり、タバコや薬、感染症や過労、汚れた空気などアレルゲン以外でも、喘息発作をひき起こす刺激となります。

<喘息発作を起こす要因>

ストレス/タバコの煙/風邪などの感染症/カビ/大気汚染/ダニ

気管支喘息で気にすべきポイント

気管支喘息と診断されれば喘息を悪くする原因を減らしたり、避けなければなりません。刺激となるホコリが出ないように、枕やシーツなどを清潔にしたり定期的に掃除をしたり、禁煙をする、犬や猫など毛が抜けるペットは飼わないといった工夫が必要です。また、自身の体調を常に把握し、いつどのようなタイミングで発作が起こりやすいのかを明確にすれば、医師も治療方針を決める上で役立ちます。

気管支喘息と咳喘息の違いについて

気管支喘息は先述したように主にアレルギー性の炎症により気管支が狭くなり、ヒューヒュー、ゼイゼイといった喘鳴(ぜんめい)がしますが、咳喘息はヒューヒューといった喘鳴はせず呼吸困難も起こりません。また、咳喘息は咳症状のみであり、風邪が治った後に咳だけ残っている場合に咳喘息の疑いがあります。咳喘息は気管支喘息に進行してしまう恐れがありますので、咳が長引く場合には、呼吸器科のある病院まで受診しましょう。

気管支喘息の治療について

気管支喘息の治療は、普段から気道の炎症を抑える長期管理薬/コントローラー(主に、吸入ステロイド薬やロイコトリエン拮抗薬)を使用します。また、突然発作が起こった場合には応急的に発作治療薬/リリーバーを使用します。

まとめ:呼吸器疾患の「喘息」症状・原因|つばさ在宅クリニック西船橋(船橋市の内科外来と訪問診療)

いかがでしたか?今回の内容としては、
・呼吸器疾患は呼吸に関わる臓器である呼吸器に起こる疾患の総称
・気管支喘息は主にアレルギー性の炎症により気管支が狭くなる病気
・動物の毛や花粉、ダニやカビ、ハウスダストなどで発作が起こる
以上の点が重要であるということでした。船橋市にあるつばさ在宅クリニック西船橋には呼吸器内科がありますので、喘息の症状に悩まされている方や疑いのある方はぜひご相談いただければと思います。

つばさ在宅クリニック西船橋の診療科目は、
リウマチ・アレルギー科/呼吸器科/循環器内科/糖尿病内科/脳神経内科となっております。
住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟