頻脈性不整脈とは?症状と原因について 船橋市の内科、つばさ在宅クリニック西船橋

内科・循環器内科・呼吸器内科・訪問診療(在宅医療)つばさ在宅クリニック西船橋

外来専用電話047-468-8111

訪問診療専用電話047-495-0111

  • 西船橋駅3地図
  • 駐車場5

住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟

頻脈性不整脈とは?症状と原因について medical column

  • TOP
  • 頻脈性不整脈とは?症状と原因について

頻脈性不整脈とは?症状と原因について

頻脈性不整脈について皆さんご存知でしょうか?今回は船橋市にあるつばさ在宅クリニック西船橋(内科)より、頻脈性不整脈をテーマにお届けしていきます。

頻脈性不整脈とは?症状と原因について

頻脈性不整脈とは?

そもそも不整脈とは、心臓の脈の打ち方が乱れることをいいます。不整脈と一口に言っても種類があり、脈が飛んだりリズムが乱れる期外収縮性不整脈、通常より脈が遅くなる徐脈性不整脈、そして今回のテーマでもある、通常より脈が速くなる頻脈性不整脈の3種類が挙げられます。

安静時の正常な脈拍は1分間に50回~100回となっていますが、1分間に100回以上の場合で頻脈性不整脈と言います。

頻脈性不整脈の症状

脈が速くなる頻脈性不整脈では、疲労感や息苦しさを伴ったり、めまいやふらつきが生じることがあります。また、失神やけいれんといった重たい症状になることや、場合によっては突然死の引き金にもなります。

<頻脈性不整脈の症状>
・意識が遠くなる
・冷や汗
・疲労感
・息苦しさ
・めまい
・立ちくらみ
・動悸
・吐き気 など

危険な不整脈について

不整脈のうち死に至る可能性のあるものを致死性不整脈と呼びますが、もっとも重症である心室細動では、心臓の心室が1分間に300回以上不規則に痙攣してしまいます。脈拍が心室から出ている場合には注意が必要であり、心臓の病気をお持ちの方が心室頻拍という不整脈が出た場合には、先ほどの心室細動に移行することもありますので、脈拍を戻す早期処置が求められます。

運動や精神的な興奮によって速くなる脈拍

運動や精神的な興奮によって速くなる脈拍は通常のことであり、心配はありません。一方で、安静にしている時などで突然動悸が始まり脈拍数が150以上になる場合は、心臓病がないか、何が原因になっているかを調べる必要があるでしょう。

脈がたまに飛んだり脈が乱れることは、歳を重ねて一般に起こり得ることなので、心配にならないこともありますが、不安な点があれば一度心電図検査などで確認すると安心できるのではないでしょうか。基本的に脈が乱れたとしても症状があるわけではなく、気付かない場合も多くあります。程度がひどくなれば自覚することもあるため、もしかすると…と思った時が受診のタイミングでもあるでしょう。

頻脈性不整脈の原因

頻脈性不整脈の原因として考えられる疾患としては、狭心症、心筋梗塞、動脈硬化症、心筋症、心不全など心臓に関連する疾患が挙げられます。また、アルコールやコーヒー等のカフェイン入りの飲み物を大量に摂取した場合でも起こり得ます。

不整脈は心臓に関連する疾患によるものだけでなく、体質的なものや年齢に伴うものもありますし、ストレスや疲労によっても起こりやすくなります。

頻脈性不整脈の予防

頻脈性不整脈は心臓に関連する疾患が挙げられ、心筋梗塞が心室細動の原因にもなるため、予防には生活習慣を見直すことが大切です。生活習慣病と心筋梗塞は関わりがありますので、生活習慣病予防にも規則正しい生活が望まれます。また、飲酒や喫煙、カフェイン摂取を控えることも頻脈性不整脈の予防につながります。

まとめ:頻脈性不整脈とは?症状と原因について|つばさ在宅クリニック西船橋(船橋市の内科外来と訪問診療)

いかがでしたか?今回の内容としては、
・徐脈性不整脈は脈が速くなる不整脈のこと
・徐脈性不整脈の症状はめまいやふらつきなどが挙げられる
・徐脈性不整脈の原因は心臓自体に病気がある場合やストレスや飲酒などが挙げられる
・頻脈性不整脈の予防には生活習慣の見直しを推奨
以上の点が大切なポイントでした。脈は運動や緊張などでも速くなりますが、病気が起因している場合には注意が必要な場合もありますので、気になる方は一度検査を受けることをおすすめします。

つばさ在宅クリニック西船橋の診療科目は、
リウマチ・アレルギー科/呼吸器科/循環器内科/糖尿病内科/脳神経内科となっております。
住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟