睡眠時無呼吸症候群チェック~適切に治療を受けること~ 船橋市の内科、つばさ在宅クリニック西船橋

内科・循環器内科・呼吸器内科・訪問診療(在宅医療)つばさ在宅クリニック西船橋

外来専用電話047-468-8111

訪問診療専用電話047-495-0111

  • 西船橋駅3地図
  • 駐車場5

住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟

睡眠時無呼吸症候群チェック~適切に治療を受けること~ medical column

  • TOP
  • 睡眠時無呼吸症候群チェック~適切に治療を受けること~

睡眠時無呼吸症候群チェック~適切に治療を受けること~

睡眠時無呼吸症候群は生活の質(QOL)と関係しており、突然眠気に襲われて事故を引き起こしてしまうことも考えられる病気です。今回は、船橋市にあるつばさ在宅クリニック西船橋(内科)より、睡眠時無呼吸症候群のチェックをテーマにお届けしていきます。睡眠時無呼吸症候群かもしれない…と思われている方は是非ご覧ください。

睡眠時無呼吸症候群チェック~適切に治療を受けること~

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群は、文字通り睡眠時に無呼吸状態が起きてしまうものです。10秒以上呼吸が止まることが無呼吸であり、7時間睡眠の間に30回以上、もしくは1時間のなかで5回以上起こっていれば睡眠時無呼吸となります。寝ている間に無呼吸になっているため、本人は気付くことができず、治療や診断を受けていない潜在患者さんは多くいると考えられます。

睡眠時無呼吸症候群の症状

睡眠時無呼吸症候群は、しっかりとした睡眠をとることができないため、日中に激しい眠気に襲われてしまったり、集中力低下といった症状が挙げられます。そのほかには倦怠感や疲労感、抑うつなどを起こしやすくなります。

睡眠時無呼吸症候群と生活習慣病

睡眠時無呼吸症候群では酸素濃度が下がりますが、それを補うために心臓の働きが強まって高血圧となってしまうことがあります。また、睡眠不足のストレスによってコレステロール値や血糖値が上がり、さまざまな生活習慣病を招くことがあります。ですので、睡眠時無呼吸症候群は放置することなく、治療をすることが大切です。

睡眠時無呼吸症候群チェック

・家族から無呼吸を指摘されたことがある
・いびきをかく
・日中眠気を感じる
・熟睡感がない
・夜間に起きることが多い
・顎が小さい、二重顎である
これらに当てはまる場合、そして複数該当すれば睡眠時無呼吸症候群の場合がありますので、受診することをおすすめします。

チェックに該当する場合はどこに相談すればいいのか?

睡眠時無呼吸症候群は、呼吸器内科や循環器内科、耳鼻咽喉科で診察していることが多く、つばさ在宅クリニック西船橋のような睡眠時無呼吸症候群外来もあります。

質の高い睡眠をとるためには?

睡眠時無呼吸対策に有効な睡眠法、そして質の高い睡眠をとるために以下を意識しましょう。
・決まった時間に眠くなるように生活リズムを正す
・夕方以降はできるだけリラックスする
・お風呂につかる
・就寝前はカフェインやブルーライトを避ける
・適度に運動をする
質の高い睡眠をとることで、心身の疲労回復や生活習慣病の予防につながります。また、夜間ぐっすり眠ることができれば日中の活動性も高くなりますので、睡眠は非常に大切です。

睡眠時無呼吸症候群の予防

睡眠時無呼吸症候群の予防としては、口呼吸から鼻呼吸に変えることが一つ挙げられます。口呼吸の場合だと、咽頭が鼻呼吸のときよりも狭くなり上気道が閉塞しやすい状態になります。鼻呼吸は、唾液の分泌が多くなることで口の中の殺菌効果が高まったり、口の渇きやのどの乾燥を防げるといったメリットがありますので、口呼吸が癖になっている方は徐々になおしていきましょう。また、喫煙者の方は禁煙することをおすすめします。喫煙は気道系に炎症をもたらして、上気道の通気性に悪影響を与えてしまいます。

まとめ:睡眠時無呼吸症候群チェック~適切に治療を受けること~

今回の内容として、
・睡眠時無呼吸症候群は睡眠時に無呼吸状態が起きてしまうもの
・睡眠時無呼吸症候群は生活習慣病と関係している
・熟睡感がなかったり日中眠気がある人は睡眠時無呼吸症候群の可能性もある
・睡眠時無呼吸症候群の可能性がある場合は循環器内科や呼吸器内科まで
以上の点が重要なポイントでした。

船橋市になるつばさ在宅クリニック西船橋(内科)には、睡眠時無呼吸症候群外来がありますので疑いのある方などはご相談いただければと思います。

つばさ在宅クリニック西船橋の診療科目は、
リウマチ・アレルギー科/呼吸器科/循環器内科/糖尿病内科/脳神経内科となっております。
住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟