緩和ケアとご家族にできることについて 船橋市の内科、つばさ在宅クリニック西船橋

内科・循環器内科・呼吸器内科・訪問診療(在宅医療)つばさ在宅クリニック西船橋

外来専用電話047-468-8111

訪問診療専用電話047-495-0111

  • 西船橋駅3地図
  • 駐車場5

住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟

緩和ケアとご家族にできることについて medical column

  • TOP
  • 緩和ケアとご家族にできることについて

緩和ケアとご家族にできることについて

がんの診断を受けた直後というのは、患者さんだけでなくそのご家族も落ち込んだり不安を感じたりするものです。そして、不安を抱えながらもどのように患者さんを支えていけばよいのか、という点も悩みになってしまいます。今回は、船橋市にあるつばさ在宅クリニック西船橋(内科)より、がんと診断されてご家族にできることと緩和ケアをテーマにお届けしていきます。

緩和ケアとご家族にできることについて

家族も不安になるもの

がんと診断されればその家族も不安になるものであり、不安は下記のようなものが挙げられます。
・がんは治るのだろうか…
・できるだけ苦しい思いはさせたくない…
・どのようにサポートしていけばいいのだろうか…
・医療費や生活費が心配…
・介護と仕事の両立が不安…
・亡くなってしまったらどうしよう…など
これらの心配は、介護者としての不安や、介護と仕事の両立という社会的な不安、患者さんや医療者との関係についてなど、患者さんを心配する以外にも多くの不安を抱えることになります。

ご家族も自身を大切にすること

前項での不安を抱えながらもがんと診断された患者さんを、ご家族は仕事や学校に通いながらサポートしていかなければなりません。本人を支えるためにもそのご家族は自分自身をいたわりながら支援を求めましょう。患者さんが治療を進めるなかで、そのご家族は自分のことを後回しに考えてしまう傾向にあります。しかし、信頼できる人や医療者に気持ちを打ち明けたり、自分の時間も大切にしたりして気持ちを整えることが、治療に一定期間が必要ながんと向き合うために必要です。

誰かに頼めることは頼んでしまう

時間や体力には限界がありますので、サービスを利用したり誰かに頼めることは頼み、休息をとることは大切です。

患者さんの話を聞いて寄り添うことが大切

がんと診断された患者さんは、さまざまな不安を抱えることになりますが、ご家族の方は話を聞いて寄り添うことが患者さんのためになります。生活のアドバイスなどではなく、話を聞いて共感することに人はホッとします。また、そばにいるだけでも安心感がありますので、なるべく話を聞く、そばにいる、これを心がけると良いでしょう。うまくサポートできているだろうか…と不安にならず、そばにいるだけでも大きな支えになります。

患者さんの状態を理解する

ご家族の方は患者さんの希望を聞いて、患者さん自身の意思決定を支えることが大切です。そして、患者さんに起こる変化の把握に努めることが大切です。体の変化としては、痛みやだるさ、食欲低下や呼吸が苦しいなどであり、心の変化としては、疎外感や孤独感、不安感や家族に心配をかけたくないという気持ちなどに気付いてあげられると、支え方に工夫ができるでしょう。

緩和ケアをご家族の方も受ける

緩和ケアはがんに伴う身体的な苦痛(痛み・だるさなど)や精神的な苦痛(不安など)を和らげるもので、がんと診断されたときから緩和ケアは受けることができます。そして、身体的、そして精神的な苦痛は患者さん本人だけでなく、ご家族の方も相談することができますので、不安な点があれば何でも相談しましょう。やはり、緩和ケアを提供する医師や看護師といったスタッフは、専門的な知識をもっていますので、悩みを軽くしながら前を向いて治療に励むことができるようになります。

まとめ:緩和ケアとご家族にできることについて

いかがでしたか?今回の内容としては、
・患者さん本人だけでなくご家族も自身を大切にすること
・患者さんの話を聞いて寄り添うことが大切
・緩和ケアでは患者さん本人だけでなくご家族も相談可能
以上の点が大切なポイントでした。

船橋市になるつばさ在宅クリニック西船橋(内科)には緩和ケア外来があり、また、通院ができなくなった場合でも在宅医療を提供しています。がん治療を行いながら緩和ケアを検討されている方は、ご相談いただければと思います。

つばさ在宅クリニック西船橋の診療科目は、
リウマチ・アレルギー科/呼吸器科/循環器内科/糖尿病内科/脳神経内科となっております。
住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟