朝の血圧が高いのはなぜ?早朝高血圧とは? 船橋市の内科、つばさ在宅クリニック西船橋

内科・循環器内科・呼吸器内科・訪問診療(在宅医療)つばさ在宅クリニック西船橋

外来専用電話047-468-8111

訪問診療専用電話047-495-0111

  • 西船橋駅3地図
  • 駐車場5

住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟

朝の血圧が高いのはなぜ?早朝高血圧とは? medical column

  • TOP
  • 朝の血圧が高いのはなぜ?早朝高血圧とは?

朝の血圧が高いのはなぜ?早朝高血圧とは?

「今朝血圧を測定したら普段より高かった…」
「朝の血圧が高いのはなぜだろう…」
朝に血圧が高いことを早朝高血圧といいますが、なぜ早朝高血圧が起こるかをご存知でしょうか?今回は、船橋市にあるつばさ在宅クリニック西船橋(内科)より、早朝高血圧をテーマにお届けしていきます。

朝の血圧が高いのはなぜ?早朝高血圧とは?

早朝高血圧とは?なぜ朝に血圧が高くなる?

早朝高血圧とは、朝に血圧が急上昇し上の血圧が135mmHg以上、または下の血圧が85mmHgを超える場合に診断されるものです。なぜ朝に血圧が上がるのかと言うと、交感神経が働きだすためであり、若い人には必要な血圧上昇です。しかし、高齢者の場合血液がどろどろした状態で急激に血圧が上がると、血管が詰まってしまう原因になります。つまり、心筋梗塞や脳梗塞といった病気が早朝高血圧で引き起こされる可能性もあるということです。

健康診断や病院での血圧測定は通常昼間に行われるものであり、早朝の血圧を知るには自宅での測定になるため、なかなか発見されるものではありません。ですので、発見されにくい仮面高血圧の一つとされています。

血圧は一定ではない

血圧は一日の内に上下する(日内変動)もので、例えば興奮やストレスがあったとき、運動時などでは一時的に上昇し、夕方から夜にかけて下がります。早朝高血圧には、寝ている間に血圧が下がるものの、起床時にかけて急激に血圧が上昇するモーニングサージ型と、睡眠中も血圧があまり下がらないで、早朝まで持続して血圧が高くなる高血圧持続型があります。

夜間高血圧とは?

前項で、夕方から夜にかけて血圧が下がるとお伝えしましたが、夜になっても血圧が下がらないタイプの高血圧のことを夜間高血圧と言います。夜間高血圧には、昼間よりも夜間に血圧が上昇するタイプと、就寝中も血圧が低下しないタイプの2つのタイプがあります。夜間も血圧が下がらないということは、就寝中も強い圧が血管にかかり続けてしまうため、血管が損傷しやすくなると言われています。

早朝高血圧の原因とは?

早朝高血圧の原因としては、睡眠不足やストレスが挙げられます。睡眠不足ですと、自律神経の障害を起こしやすくなり、ストレスも血圧と関係性があります。また、過度な飲酒は睡眠の質を下げたり、翌朝の血圧を上昇させたりします。

降圧剤を服用されている人の場合ですと、薬の効き目が切れて効果が翌日の朝まで持続していないことも考えられます。

早朝高血圧対策

冬になると血圧が上がりやすくなりますが、これは寒さによって血圧を調整する交感神経が刺激され、血管を収縮させることが原因となります。ですので、冬は寒さへの対処をし、暖かい恰好で眠るようにしましょう。
また、高血圧は生活習慣病であるため、普段から高血圧を予防することも大切です。塩分を控えたり、禁煙や禁酒、適度な運動や肥満の解消といったことが高血圧の予防、改善には必要です。

自宅での血圧測定を習慣化する

高血圧と分かれば自宅での血圧測定を習慣化し、健康な生活を目指しましょう。血圧測定が習慣化すれば、健康に意識が向かい運動や食事面の改善につながるでしょう。特に早朝高血圧は自宅での血圧測定が必要ですし、血圧コントロールに有効な手段となります。

まとめ:朝の血圧が高いのはなぜ?早朝高血圧とは?

いかがでしたか?今回の内容として、
・朝に交感神経が働きだすため血圧が早朝に上がる
・血圧は日内変動し夕方から夜にかけて下がるのが一般的
・朝の高血圧が早朝高血圧であり夜の高血圧が夜間高血圧である
・早朝高血圧対策として寒さに気を付けて減塩や適度な運動をすること
以上の点が重要なポイントでした。

船橋市になるつばさ在宅クリニック西船橋(内科)は、高血圧治療もおこなっていますので、血圧の気になる方はご相談いただければと思います。

つばさ在宅クリニック西船橋の診療科目は、
リウマチ・アレルギー科/呼吸器科/循環器内科/糖尿病内科/脳神経内科となっております。
住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟