2022年毎月のご挨拶9月号 船橋市の内科、つばさ在宅クリニック西船橋

内科・循環器内科・呼吸器内科・訪問診療(在宅医療)つばさ在宅クリニック西船橋

外来専用電話047-468-8111

訪問診療専用電話047-495-0111

  • 西船橋駅3地図
  • 駐車場5

住所:千葉県船橋市西船4-11-8 三星西船ビルB棟

2022年毎月のご挨拶9月号 letter01

  • TOP
  • 2022年毎月のご挨拶9月号

【2022年】

【2020年】

訪問診療とは

2022.9月号

カレンダー
こんにちは、元田です。残暑の厳しい日が続きますが、これから少しずつ秋の風を感じられる日が増えてくることでしょう。そんな9月の季節行事に、「十五夜」があります。 十五夜とは、そもそも旧暦15日に見える月のことです。その中でも、特に旧暦8月15日の月「中秋の名月」として古くから親しまれてきました。
旧暦の秋は7月~9月の3か月ですが、その真ん中である8月の十五夜は月を見るのによい気候ということに加えて、収穫が始まるタイミングでもあるため「収穫を感謝するお祭り」でもあったそうです。ところで、お月見というと満月のイメージがありますが、十五夜は満月とは限りません。十五夜は月の満ち欠けではなく、旧暦の日にちによって決まっているので、実は満月と重なる方が珍しいそうです。
2022年の十五夜は9月10日で、ちょうど満月と重なるそうなので楽しみですね。さて、十五夜に欠かせないアイテムといえば月見団子すすきですよね。月見団子は、9個・4個・2個を下から積み上げてお供えするのが昔からのスタイルです。一方のすすきは、十五夜が近づくと花屋の店先でも見かけるようになりました。お月見の準備を整えたら、あとはお天気がいいことを祈るばかりです! 9月は台風も多い月ですが、特に上陸したことの多い「特異日」17日26日で、幸い今年の十五夜には重なりません。晴れ渡った秋の夜空に大きな月が見られるといいですね。年々、季節の行事の在り方も変わってきていますが、四季を感じられる趣のある伝統行事は、大切に受け継いでいきたいものです。秋の夜長に美しい月を見上げながら、ゆったりとしたひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。
カレンダー